[日誌] 健康第一【鉄塵6号】

看板Kyoto_Ani (京都動畫/京阿尼)作者 (檸檬汽水)時間4月前 (), 編輯推噓2(205)
留言7則, 4人參與, 4月前最新討論串1/1
https://www.kyotoanimation.co.jp/diary/archives/387 健康第一 鉄塵6号 (澤真平) 2020年11月19日 翻譯 https://kyoani.cn/anibaka/1000387 はじめまして。 鉄塵6号です。 普段は作画、演出をしています。 先日、人生で初めて胃カメラというものを体験しました。 日々、人類の生み出す技術は進歩し、新たな素材、新たなシステムが開発され、とうとう自らの体の内部まで詳細に肉眼で見ることができる時代になったのですね。 色々噂は聞けど、実際に自分の身で体感する事実は想像の範疇を超えています。 お医者様が満面の笑顔で「合う人もいるし、合わない人もいるから、なに、気楽にやってみよ~」的な、安らかテンションだったので完全に油断していました。 初次見面。 我是鐵塵6號。 平時負責作畫和演出。 前幾天,我體驗了人生中的第一次胃鏡。 人類創造的技術每一天都在進步,開發新的素材、新的系統,現在這個時代都可以用肉眼看到自己身體內部了。 雖然聽到了各種各樣的傳聞,但是自己親身體驗時,事實卻超出了想像的範疇。 醫生滿臉笑容地說:「有適合的人,也有不適合的人,放輕鬆試試看吧~」這樣的,醫生平靜的情緒讓我完全大意了。    …… ……無理。 どうやら私は合わない方の人間だったようです。 ああ、人類は生きる管なんだな、と後ほど画像を見ながら妙な感想を抱くに至るのですが、実際にカメラが喉を通過している最中はもう、言葉では言い表せないほどいろいろ吹っ飛びました。 実際に目から液体などもちょちょ切れていたかと思います。 そもそもなんか太くない? 人類の進歩どうした。 なぜあの謎の光を発する黒い管の直径を半分にする技術に、未だ人類が到達できていないのか。 もう鎮静剤なしでは二度としないぞと心に固く誓った瞬間でした。 …… ……不行。 看來我是不適合做胃鏡的人。 啊,人類是活的管道啊,我一邊看著圖像一邊想到奇怪的事,實際上在胃鏡通過喉嚨的時候,已經有很多無法用語言表達的想法消失了。 實際上我覺得我的眼淚都快流光了。 說起來這個胃鏡不會太粗了嗎? 說好的人類的進步呢。 為什麼人類還沒有研究出將發出神秘光芒的黑管直徑縮小一半的技術呢。 這一瞬間我在心裡發誓,如果沒有鎮靜劑我絕不會再做第二次胃鏡。 閑話休題。 さて気をとりなおして、今現在メイドラゴンの新作を誠意制作中です。 二期にもなるので慣れたものと思いきや、日々新たな気付きがあって大変つくるのが面白いです。 動きのタイミング、色、間の取り方、自分でちょっと理解したと思った瞬間、さらに奥にある表現が顔をちらっと見せてくる。 アニメーションは本当に奥深いです。 このあたりは山にも似ていますね。 登れど登れど、頂点は先にあり、ある程度の高さに登る技術が身について初めてあらたな気付きがあり、さらに先へ、先へと昇りたくなるのです。 そんな果てのない螺旋の上をまわりつつメイドラゴンは日々面白いものになっていますので、是非楽しみにしていてください。 ではでは。 閒言少敘。 我現在重新打起精神,誠心製作女僕龍新作中。 因為已經是第二季,本以為已經習慣了,沒想到每天都有新的發現,做起來很有趣。 動作的時機、顏色、節奏,以為自己已經理解了的瞬間,又會有更深刻的表現一閃而過。動畫真的很深奧。 這部分和登山也很像呢。 不管怎麼努力向上攀登,山頂都在前面,只有掌握了一定程度的攀登技術才會有新的發現,想要更進一步、向前進。 在這無邊無際的螺旋前進過程中,女僕龍每天都在變得有趣,敬請期待。 下次見。 -- ※ 發信站: 批踢踢實業坊(ptt.cc), 來自: 36.231.69.213 (臺灣) ※ 文章網址: https://www.ptt.cc/bbs/Kyoto_Ani/M.1606280676.A.1F8.html
4月前
胃鏡真的不太舒服...
11/26 00:06, 1F

4月前
我之前做全身體檢有麻醉,沒感覺XDD
11/26 16:17, 2F

4月前
胃鏡要靠自己吞 大腸鏡可以全麻
11/27 14:14, 3F

4月前
吞那個感覺超怕
11/28 20:29, 4F

4月前
胃鏡也可以做全麻吧? 那時候醫院有讓我選 只是要排
11/29 22:49, 5F

4月前
之前做胃鏡+大腸鏡是全麻 檢查前的清腸準備比較痛苦..
11/29 23:14, 6F

4月前
.
11/29 23:14, 7F